NMNはイケオジ若返りの秘薬だった!

NMNとは?話題の不老秘薬

NMNという言葉をご存じでしょうか?NMNはニコチンアミド・モノヌクレオチドという生命の維持に欠かせない補酵素NADを増やし、健康と寿命をつかさどるサーチュイン遺伝子を活性化する物資です。我々イケオジにとっては、老化防止効果が期待される、最新のアンチエイジング成分です。人生100年時代。その後半戦もフルスロットルで走り抜けたい、そう願うイケオジ世代が今、NMNに熱い視線を注いでいるのです。まさに、NMNはアンチエイジングにおける期待の星です。

人生100年時代のイケオジ戦略

NMNについて、もう少し、そのアンチエイジングへの働きかけの仕組みを見ていきましょう。人生100年時代、確かにそういわれることはうれしい限りですが、必ずしも喜んでばかりはいられません。加齢による、シミ、シワが目立つようにもなりますし、視力も衰え、体力も落ちます。また、病気のリスクも高まるし、認知症だって気になります。これらの老化による悩みさえ解消できれば人生100年時代の長寿が歓迎されるべきものであることは間違いないのです。人生100年時代を前向きにとらえられるかどうかは、まさに老化をいかに食い止めるかが鍵を握っていると思いませんか?

そんな、昨今のアンチエイジングブームの中で、話題沸騰中なのが「若返りの秘薬」としてのNMNという物質なのです。このNMNを含有した、サプリメント、シートパック、化粧品や点滴治療までいまやこの市場は急拡大中です。これらNMNを配合した製品は、細胞レベルから若返る可能性を秘めているということでエグゼクティブやモデル、芸能人などにもいち早く支持されているようなのです。NMN研究の世界的権威者でワシントン大学医学部教授の「今井眞一郎」教授も「NMNは、老化を食い止め、健康寿命を延ばすことが期待される物質です。」との研究成果を発表しております。NMNの抗老化作用が明らかになって、NMNブームのきっかっけへとつながっていったようです。

NMNが老化を制御する仕組み

NMNはもともと人間の身体や細胞に存在している物質です。このNMNは体内で、NADという物質に変化します。実際、老化や寿命をコントロールするのは、サーチュイン遺伝子ですが、このサーチュイン遺伝子が作り出すたんぱく質、サーティーワンはNADを使うことで、全身の様々な機能を回復させることがわかっています。つまりですね、若さを保つには、NADが不可欠だということです。しかし、この体内のもともとあった、NMN量は加齢によって減少し、それに伴って<NAD量も減っていくのですね。そこで化学的に生成されたNMNを体外から取り入れ補充うることを考えたのです。

先ほど、上で紹介した、今井教授の研究グループは2007年からマウスによる臨床実験をスタート。5か月齢のマウスに1年間毎日NMNを与えたところ、見た目、運動能力、活動量、細胞レベルのすべてで若返り明らかな老化抑制効果が表れたというからすごいですね。

さらに、2021年の4月には糖尿病予備群で肥満の55歳から75歳の閉経後の女性25名による臨床試験の成果論文も発表しています。それによると、1日250mgのNMNを10日間経口摂取した13人に、糖の取りこみ機能の改善が見られたとか。これは、世界で初めてNMNの効果が人間に認められた事例だということです。これを契機にNMNはさらに話題になって老化防止のためサプリを活用し始める人が増えた、というのが経緯だそうです。女性の臨床実験は、上記のように素晴らしい結果をもたらしましたが、さて、男性への臨床実験はいかがなものでしょう?イケオジ世代としては気になるところですね。男性に対する臨床実験も行われており、近いうちに、その結果も発表されるらしいです。

とはいえ、NMNもまだ研究段階な部分もありますから、解明できているところもあれば、解明されていないところもあるようで。まあですから、その点も理解したうえで、しっかりと研究している専門家の発信する情報に基づき納得の上で、サプリや化粧品などを活用していくのがいいのかもしれません。

NMN研究の今後への期待

現在、NMN研究は、不老のみならず、脳への作用も重点的に研究されていると、今井教授のチームが発表しています。こちらも、近いうちにその研究結果が発表される予定らしいです。

イケオジとしては、5年後、10年後に「あの時やっておけばよかった!」なんて後悔しないためにも、情報にたいして、アンテナを張り、アンチエイジングのリーサルウエポンたるNMNに注視していきたいですね。

NMNに副作用はあるのでしょうか?

NMNの体内への取り込みに副作用があるのかが気になるところです。現段階では、目立った副作用は確認されていないようです。当初、NMNを投与することで、マウスの実験段階では癌発率が高まるのではないかとの懸念があったようですが、NMNを投与していないマウスとの間で、癌発生率、死因、生存期間に差はありませんでした。このことから、現段階においては、重大な副作用は認められていないといっていいと思います。

また、NMNを配合した製品には、比較的価格帯が安いものから高価なものまで、値段に大きな開きがあります。はたしてこの場合、価格の安い製品を選んでも大丈夫なのでしょうか?という疑問が沸いてきます。例えば、NMNのサプリメントでも1か月の使用量で5万円~7万円のもあれば、1万円を切るものもあるようなのです。そこで考えるべきは、NMNの生産体制です。このNMN、品質の高いNMNを製造するのは難しく、大量生産もされていないため必然的に高価格になってしまいます。ですから、明らかに低価格の製品は品質に難があったりNMNの含有量が異常に少なかったりする可能性がありますから、購入には注意が必要となります。

それから、副作用という意味では、いい方向の副作用ですが、抗老化作用以外の効果があるかどうかも興味があるところですね。マウスによる実験では、抗老化作用のほか、アルツハイマー病や心不全などの回復改善機能が認められています。現在は、人間段階の臨床実験では、糖尿病予防効果が実証されていますが、研究が進めば、マウス同様の効果が立証できるのではないかと期待されています。

 

コメント