イケオジ芸能人はいったい誰でしょう?イケオジ芸能人神7を考えてみました。

イケオジのイメージが、なかなかわかり辛いという方のために芸能人でいったら誰だろうと考えました。5人の俳優さんを選んでいます。誰もが、なるほどと思っていただけるイケオジ神7です。

1位 典型代表 草刈正雄さん

イケオジとして1位に上げたのは、ご存じの草刈正雄さんです。年齢69歳ですよ!信じられますか。身長185センチ 九州の出身です。若い時は、当然、モデルさんですね。当時流行った、ちょっとハーフ系モデルのお一人かと思います。

ほかに団 次郎さんや蟇目 亮さんて方たちもおりました。

だって、髪の毛もふさふさ体型も崩れていないし、モデルをやってた20代のときと全く変わらないですから。

最近は、ドラマなどでも茶目っ気キャラを出したりしているようで。誰がどう見ても、イケオジのナンバー1ですね。

2位 本格的役者 役所広司さん

 

 第2位は、劇団無名塾出身の 役所 広司さんです。65歳 長崎県出身 身長179センチ

 もう、この方も65歳か~。千代田区の公務員として働いていた経歴があるそうで、仲代達也さんの無名塾出身。仲代さんの愛弟子といっていいと思います。

昔、大河ドラマの「徳川家康」で織田信長を演じましたが、信長最後の、本能寺での切腹シーンがすごかった記憶があります。

モデル出身の俳優さんたちとは違って、劇団上がりの苦労した役者さんですから、演技派安定した実力が感じられます。演技の幅も広いですよね。

白髪交じりの長い髪の毛が格好いい。ワイルド感もほどほどありますね。

3位 イケオジにもいろいろあった国際的俳優 渡辺健さん

 

こちらも国際的な俳優さんですね。62歳。文学座の出身だったでしょうか?

自分の中では、大河ドラマ「独眼竜政宗」の印象が強いですが、最近では「王様と私」などミュージカルにも力を入れているようで。

若いころは、白血病と診断されて、闘病生活を続け、見事克服されました。

その後、某乳酸菌飲料のCMをされて。「ガゼインが体に効く。」みたいな。説得力ありますね。

最近は、長年連れ添った、奥さんで女優の南 果歩さんとの離婚話がありました。渡辺さんの不倫だかが原因だったような記憶があります。やはり、イケオジ。60歳過ぎても、あちらの方はまだまだ衰えをしらないようで。これも、イケオジのイケオジたる所以ですから、素敵なことです。

4位 2世俳優 佐藤浩市さん 

 次は、2世イケオジ俳優の佐藤浩市さんです。年齢は、61歳。確か、NHKのドラマでデビューだったと記憶しています。今や、日本アカデミー賞の常連俳優ですね。お父さんは、あの「三国連太郎」さん。こちらも、ちょっと凄味を感じさせる俳優さんでした。

佐藤 浩市さんも、エリート上司みたいな役から、ちょっと反社的な役まで演技の幅が広いですね。

この人の、目力が特に気に入っています。

5位 再ブレーク 西島秀俊さん

 

西島 秀俊さんは、かつてトレンディ俳優として80年代のドラマに結構でていましたが、最近、見事復活を果たした、イケオジ俳優さんです。イケオジっていう割には、まだまだ青年感がありますけどね。年齢50歳です。

確か、何年か前のNHK 大河ドラマ「八重の桜」で主人公 八重(綾瀬はるか)のお兄さん役で出ていた時、入浴のシーンがあったのですが、その時の鍛え上げられた、筋骨隆々ぶりが一時期話題になりました。

さすが、イケオジ役者さん、常に鍛えてらっしゃるのだと思います。

雰囲気は、全体的に優しい感じで、ものすごくナチュラルな感じがします。

最近では、ジョルジオ・アルマーニのオーダーメイドラインでの日本人初の広告塔契約を結んだとか。

イケオジというには、あまりにも若々しい俳優さんです。

6位  ふぞろいの林檎たち 中井貴一さん 

 

 

   「ふぞろいの林檎たち」を引き合いに出すのも古いですね。60歳 身長181センチ

    お父様は、永遠の二枚目俳優 佐田 啓二さんですって、これも古いか。

    でも、佐田 啓二さんも当時はすごい二枚目俳優だったそうで。中井貴一さんもデビュー       

    時は、あまりイケメンらしさはなかったのですが、お年を重ねるうちのに、いい感じのイケ

    オジ俳優になったようです。この方、ファッションセンスも抜群なので、まさにイケオジに 

    ピッタリだと思います。NHKの大河ドラマで演じた「武田信玄」では、あまり信玄らしくな

    かったですけどね。

7位 福山 雅治さん 誰も文句はいいません!

 

 

    もう、この人は、リーサルウエポンと言ってもいいのではないでしょうか?52歳。ほんと、

    年齢を感じさせません。永遠の青年という感じです。

    NHKの大河では「龍馬伝」で坂本竜馬を演じたのは記憶にあたらしいです。

    あまりに、格好良すぎる龍馬かな、と思ったのですが、これがなかなかいい新しい龍馬像を 

    演じてくれました。この方もこれから、いい感じで年をとっていくのでしょう。

コメント