イケオジに必要とされるファッションセンスとはどんなものでしょう?着こなしのポイントはここを抑えてみてください。

イケオジのファッションはどうあるべきか?について考えていきたいと思います。大きな外見的な分かれ目は、やはり洋服と髪型にかかってしまうものだと思います。

イケオジファッションの基本

Businessman standing with arms crossed in office

何もイケオジに限らず、女性でもそうですよね。年齢とともに髪の毛のボリュームがなくなってきたりして、ウイッグ付けたりと。でも,ほんの少し手を加えるだけで一気に若返って見えたりするものです。

イケオジに必要なものは、気持ちの持ち方が大きく作用すると申し上げましたが、その前に、外見が「おじさん」だったら、気持ちがいくら前向きでも根本的な解決にはいたりません。

やはり、人は第一印象がとても大切です。どんな、洋服を着てどんなヘアスタイルなのかはとても重要です。これだけで、10歳くらい若返るなんて十分あり得るのです。

イケオジなんて言葉がはやる前には、世の「おじさん」たちのファッションを揶揄する言葉に「サラリーマンの休日」ファッションなんて言葉がありました。要は、平日にスーツを着ていればなんとか様になるが(いえ、実は楽だからスーツに逃げているだけなのです。)休日になると、その落差たるや、目も当てられない状況を指して、そういわれていました。確かにそうでしたね。今でも、目に浮かぶようです。休日のカジュアルスタイルにどんな格好をすればいいのかわからない。アイテムも持っていない。とりあえず、デニムとラガーシャツでも着てれば、カジュアル感が出るだろうくらいの。

その程度の美意識でした。

今でも、難しいですよね。40代~60代のオヤジ世代が何を着ればいいのか?20代の若い男性のように、ストリート系っていうんですか?太めのダッボっとしたパンツに、これまた大きめのダッボとしたTシャツやトレーナーを合わせればいいってもんじゃない。年相応の信頼や安心を相手に与えるようなイデタチをすることが、責任世代のイケオジに似つかわしいファッションではないでしょうか?

イケオジに似つかわしい、いつまでも艶やかで輝くような人生をエンジョイできるような、ファッションを探っていきましょう。

着るべき上着

おじさんのファッションで一番いけないのが、なんとかカジュアル感を出そうとして、無理にジーンズやパーカー、スエットなどを着て、若者感をだそうと努力する姿がかえって痛い結果になります。まあ、こういった格好を着慣れているかたならいいでしょう。でも、着慣れているか、急ごしらえなのかは傍目にすぐわかっちゃうものです。休日の服装であっても、出来るだけカジュアル要素を加えずに、年齢相応の大人ファッションを作るのが必要なことなのです。

アウターにパーカーやスエットを持ってくる大人ファッションは、格段に難易度があがり、なかなかおじさんファッションを抜け出すことができません。若作り感がぬぐい切れないのです。そういった格好は20代だから似合うのです。

そこでおじさんでも無難に着こなせるのがテーラードジャケットです。テーラードジャケットですよ。ちゃんと襟がついたジャケットです。

これでしたら、普段スーツを着ている、おじさんたちでも違和感なく纏うことができると思います。

仕立ての良さそうな、素材感の良いしっかりしたジャケットが一着あればは、立派な大人の風格を出してくれるアイテムなのです。

別に、高級品でなくともいいのです。最近のジャケットはファストファッションといわれるブランドでも今どきのシルエットで今っぽいジャケットを出していますから、袖を通してみてください。

でも、一番気をつけなければならないのはサイズ感です。。

肩幅が大きかったり、袖口が大きかったり、着丈が長かったりするだけで、途端におじさんくさくなります。

かつて、20年、いや30年くらい前までは、こういったビッグシルエットのスーツやジャケットがなぜか流行っていました。テレビのお笑いタレントなども、あえてかどうかわかりませんが、無駄に袖口が長くて手の甲を全部かくしてしまうくらいのジャケットを着ていたものです。

おじさんたちって、その時代がちょうど、20代だったわけですから、そこで時代が止まっているわけなのです。その後の変化を全く意識していなかった。

その後、時代はフィットネス、ウエルネスの時代になり、ダイエットが当たり前になったわけで、必然自分の体形をタイトな洋服であえて隠さない時代になったわけです。

あえて、窮屈な洋服を着るようになったというわけではありません。

自分の体のサイズにあった、着心地のいい洋服を着るようになったということです。

ですから、イケオジとしては、脱おじさん化のためには、体の線が奇麗に出るような、サイズ感のあったジャケットなり上着を選んできましょうね、ということなのです。

ん?そんなジャケットない?そいれでは、ダイエットして素敵なボディラインのイケオジに、まずはなってくださいということですかね。

まずは、洋服に見合った、体型、体つくりも大切なのです。

履くべきボトムス

Beautiful stylish groom’s cufflinks on the shirt

イケオジのボトムに関して考えてみますね。これもまた、ジャケットと同じで、ジャストサイズを選ぶべきです。どうしても、加齢に伴い、ウエストが80センチ以上とかになったりすると、ウエストに合わせたサイズのパンツを購入してしまいます。そうすると、全体的に太いシルエットのままで、足元まで包み込んでしまします。でも、ウエストが入らなければ仕方ないし。ここでも、やはり理想はウエスト周りを絞ることがあげらます。既製服の世界.自体が、標準の体系を基本としてデザインされているので仕方ありません。

シルエットとしては、妙に、スキニーな感じにもならず、かといって太すぎずといったところです。若い男性のファッションでも、極端にスキニーだったり、あえて太めのパンツだったりとかが流行のようですが、流行に手をださないようにしなければなりません。あくまでもジャストサイズが普遍的に格好いい着方です。

パンツのシルエットも時代とともに流行があるのです。30年くらいまえは、ジャケットと同様、ツータックくらいのデザインで下まで一気にズドンとしたシルエットデザインでした。デニムでもそんなデザインでしたから。スーツのパンツもツータックが当たり前でした。

ノータックが恰好悪い時代でした。

本当に、流行というか、嗜好は繰り返しますね。

今、さすがにあのズドーンはないですよね。でも、おじさん世代は、20代の全盛期をツータックパンツで謳歌しましたから、それが最善のパンツシルエットだと誤解している方もいるかもしれませんが、言っておきます。今は、ノータックですから。スーツのボトムスも、チノパンもデニムもノータックですから。

カジュアルに着るのであれば、別にチノでもデニムでも構いませんが、もう一つ重要なのがレングスの長さの問題があります。

こちらも、今のはやりは短めですね。細身のシルエットにくるぶしが見えるくらいの短めで。

こちらも、イケオジとしては、適度な裾の長さがいいのかと思います。

いい親父が、くるぶし丸出しじゃ、逆に格好悪いです。

かといって、裾がズルズルなのもいかがなものかと。このあたり、ファッションの教則では、男性の靴の上にワンクッションたるみが出るくらいがベストレングスの長さといわれています。

さて、ここで提案なのですが、ぜひ、自分のベストレングスを一度、実際、長さを図って把握しておいてください。パンツの股下の縫い目から裾の端まで、実際に巻き尺で図っておくのです。ちなみに、わたくしの場合は、ベストレングス 77センチでしたね。昔は、79センチにしていましたが、世の中、ちょっと短め、ジャスト感がはやりですから、77センチにしました。2センチ違うと、大きく見た目が違ってきます。裾のだぶつきがないので、全体的なシルエットもすっきり見えます。

ぜひ、ご自分のベストレングスを確認してみてください。お店でパンツを購入して、裾上げを頼むときも、「股下77センチで」と一言いえば、いいだけですので、非常に楽です。

以上のようにイケオジが履くべきパンツに重要な要素としては、シルエットと長さの問題があります。ぜひ、気にかけてみてください。

身につけるべきインナー

イケオジが着るべきインナーについて考えてみます。

インナー、特にシャツもジャケットと同じくサイズ感が非常に大切で、大きすぎるシャツは避けた方がいいですね。

シャツにも、ビジネス用とカジュアル系がありますが、ビジネス用もカジュアル用も最近は、やはりタイトシルエットが主流です。

30年位前はそれこそ、ビジネスシャツでも大きな、ゆったりとしたシルエットが主流でしたが、今はだいたい、背中に絞りの入ったタイプが多いですね。それに伴って、腕の部分もかなりタイトになっております。

ビジネスシャツを着る場合、いただけないのが、ボタンの篝糸が黒色で白いシャツに黒いボタンのシャツが見受けられますが、あれは極端に格好わるいです。こういったシャツはおまけに襟の内側も黒とか袖のカフスの裏地の色も黒だったりします。超、みっともないです。

いい年の分別のあるイケオジが着るべきシャツではないですね。

本格的な男性の紳士服を扱うようなブティックでは、こういうダサいシャツは絶対に扱っていません。このシャツを着てるだけで、自分はファッションには無縁で興味がないと言ってるのも同然です。気をつけましょう。

また、最近はクールビズとかで、ノーネクタイの時期がもうGWの明けごろから一般的になっていますが、ノーネクタイの上着着用の場合は、できればボタンダウンにした方が無難です。ボタンダウンのほうが、襟が飛び跳ねたりせず、見た目が落ち着くのですっきりとして見えるのです。

イケオジ伊達男を気取るなら、第二ボタンまであけてもいいのですが、あまり胸元が見えるのもいやらしいので、ここは、シャツのタイプによって加減してください。

一つここで大きな問題があります。これ、自分としてもいまだに解決できない大きな問題です。

自分は、クールビズとかが大嫌いなので、真夏でも必ずジャケット、上着は着ています。

まあ、その是非は、別の機会に委ねるとして。

問題は、ワイシャツの下に肌着を着るかどうかなのです。本来、ワイシャツは、下着なのです。ですから、本当は、ジャケットや上着を着なければならない理由はここにあるのですが、

仮に、職場などで、上着を脱いで仕事をしたときに、ワイシャツの下に肌着を着ているべきかどうかが問題となります。肌着を着ると、どうしても肌着が透けてみえるのですね。これ、実は、女子受けがもっとも悪い。致命傷です。ランニングシャツなんか着ようものなら、首のところが大きくU字になるのが超みっともない。でも、高温多湿の日本で肌着を着ないと、直接汗がワイシャツに付着することになり、場合によっては、汗で肌が透けて見えたりします。

これもこれで、また、いやらしいさがありますね。

じゃあ、どうしたらいいのか?最近、透けない肌着がでてきました。透けない理由は、肌の色と同じ色だからです。大手メーカーでもたくさん出しています。量販店でも扱っていますよ。肌着が白だとどうしても透けちゃうんですが、肌着が肌色だとなぜか透けない。

これは、なかなか優れものです。

ただ、難点は、ワイシャツを脱いだ時、肌着1枚になるようなシーンでは、客観的にみるとちょっと間抜けです。

まあ、あまりそういう機会もないので、自分も昨年から、肌色の肌着を着るようにしています。

さて、カジュアルシャツですが、こちらは、ビジネスシャツと同じようなものを選ぶと失敗しますが、かといって、大きなチェック柄なのは、(ネルシャツみたいなやつ)若い人にしか似合いませんから、カジュアルとビジネスの中間のようなシャツがおすすめです。

ですから、少し、ビジネスいよりシルエット的にゆったりとしたタイプでいいかなと思います。最近は、シャツの裾をズボンに入れない着方が主流ですので、短めのシャツでしたら、そうした方が今時っぽいです。きっちりとパンツの中に入れるのもオヤジ臭がありますよね。

色は、淡いブルー系やピンク系など、その上に着るジャケットの色と調和のとれる色が無難ですね。

 

イケオジファッション、これはOK、これはNG!

 

イケオジが着るべき色

 

イケオジが着るべき洋服の色についてですが、黒、紺、グレー、白の4色のみにしましょう。

そして、無地が基本です。

こういう色を選んでいる限り大失敗はしません。

ミラノファッション界の大御所、世界的なデザイナーのジョルジオアルマーニのメンズの基本的な色の展開も、黒、紺、グレーです。

男のワードローブ、特にスーツは、この3色で事足ります。

そして、カジュアルの場合でも、1回のコーディネートには、全身で3色にまとめましょう。

洋服のデザイン

 

基本はトラッドです。この基本を抑えておけば間違いなしです。あ、IVYじゃないですよ。

トラッドです。流行の色やデザインを追い求めるのはやめましょう。大やけどをします。

そういうのは、服飾デザイン学校の生徒に任せておきましょう。

靴の場合

 

靴には、他より少しいいものを揃えましょう。やはり、人間、足元を見られます。

靴を見ると、おしゃれ度合い、いや、その方の生活スタイルから性格まで透けて見えます。

かかとの減り、スエードやヌバックの色落ち。

ビジネスの靴は、黒オンリーで結構です。茶系は難しいです。いろいろな茶がありますし、かばんやベルトとの整合性を考えなければなりません。黒が無難です。

ただし、ピッカ、ピッカに磨き上げてください。

カジュアルは、ローファータイプがおしゃれです。春から夏なら、あえて裸足に履きましょう。おしゃれ度が一気にあがります。

アクセサリーってあり?

 

無理してすることはないですが、するならシンプルなブレスレッドくらいですね。

ギラギラ、ジャラジャラはダサいです。

帽子はどうなの?

 

やめておいた方が無難です。基本、顔の大きい日本人には似合わない。ニットキャップも評判よくないです。

シャツはどんな?

 

外に出る時は、できるだけエリついてるシャツを着た方がいいです。

首元の印象がしまります。

Tシャツは、いやがおうでも、カジュアル感がでますので、相当自身があるときだけにして家だけにしておきましょう。

イケオジがまとうべき色とガラ

オタクみたいなチェック柄のシャツに、プリントTシャツもやめときましょう。

チェックシャツは、オタク感がにじみ出ます。Tシャツ着るなら、断然、白の無地です。

ハーフパンツはありだと思いますか?

 

変な丈のパンツありますね。最近。

ヒザ下ぐらいのやつです。デニム生地でも、チノ生地でもありますね。

絶対、格好悪いです。かといって、昔の小学生のようなピッチピッチのショートパンツも気持ち悪いですね。

スニーカー

スニーカーを履くなら、革製にしましょう。白の革製なら恰好いいです。

AIR MAX とかは、若い人に任せましょう。オヤジ世代が執着する部分ではありません。

休日のバッグ

休日は、サイフとか、ポケットに入りきるなら、手ぶらにしときましょう。ただし、洋服のシルエットが崩れるくらいのパンパンはだめです。

オヤジのリュックはやめときましょう。ワンショルダーのボディバックも気持ち悪いです。

セカンドバッグをお勧めしますが、持つときは絶対、小脇に抱えるのはやめましょう。片手で持つのが、恰好いいです。

小物・鞄・靴・時計

イケオジが持つべき小物に関してですが、まず気になるのが、財布ですね。

札入れと小銭入れがありますが、これらを別々に持つのか、はたまた、札入れに小銭も入れてパンパンに持つのかは、人さまざまですが、一番いただけないのが、年相応の大人が持つべき財布じゃないものをもっている、おやじ世代をたまに見かけます。

そう、マジックテープで止めるような布製の財布、あれを目の前で、ザクっと音をさせて使われるのがたまりません。こういう財布に限って、多色使いだったりします。

分別のある大人だったら、革製のきちんとした財布をもちましょう。

鞄、靴、こちらは断然、黒色を持つべきです。よく、茶色の鞄や靴を身に着けてるひとがいますが、鞄、靴、ベルトの3点の茶系の色目を合わせるのが難しいです。

鞄、靴、ベルトの3点は黒で統一しましょう。

鞄は、革製にしましょう。ビニール製や樹脂製は安っぽいです。PCバッグみたいのも恰好わるいです。革製の大き目なトートならおしゃれ感がでますよね。

靴もきちんとした、革製に靴を選びましょう。スニーカー的な機能性をうたい文句にした、ビジネス靴もありますが、あれもいただけないです。靴底は、革張りと雨の日用に樹脂張りがあればいいと思います。

靴も外から見える部分です。デザインがいいシンプルでスマートなデザインを選びましょう。

時計は間違っても、キャラクター時計やGショックはやめましょう。女子が引いちゃいます。

女性は、結構男性の時計を見ていますよ。秋の来ない、シンプルな時計を選びましょう。今は、文字盤が大きめが主流ですかね。高級ブランドの必要はありません。3万くらいで素敵な時計がたくさんあります。

自分のファショニスタを持とう!

いつのころからか、ファショニスタという言葉が、一般化いたしました。昔の言い方をすれば、「おしゃれ人」「アパレル系」とかの言い方でくくられていた人たちだと思います。

それが、いつのころからか「ファショニスタ」ぅ~ん、確かにこちらの方がおしゃれ感が漂います。

イケオジを目指すなら、自分が模範とするファショニスタを作るべきです。

おしゃれになるのに必要なことは、「人のふり見て、我がふり直せ。」の精神と他人の模倣です。

「人のふり見て・・・」は、他人のいただけない恰好を、「わあ、これはないでしょ。」と感じる感覚にならなければいけないということです。

ぜひ、他人の装いを見て、辛口の評価をしてみてください。自分は棚にあげていただいて結構です。「今時、これかよ!」「わあ、俺こんなのむり!」とかでいいです。電車の中や定点観測でOKです。その中から、この人おっしゃれ-、とかいう人がいれば、素敵な着こなしを盗んでください。

ちなみに自分にとっての格好いいイケオジファショニスタは「干場 義雅」氏です。自分より10歳も年下ですが、やはり、男性ファッション誌の編集長などご経験されているだけあって、恰好いいですね。

彼なんかも、スーツは、グレー、紺、黒です。ネクタイは、同系色なのです。靴やかばんはもっぱら黒ですよね。

大いに参考になります。

 

 

 

コメント